2017年04月06日

今野華都子さんのラジオに出演!/感想「めげない心」

天童で産まれ網走で活躍した、中川イセさんの半生を描いた
『零(zero)に立つ〜激動の一世紀を生きた中川イセの物語〜』
語り劇演者・夢実子


脚本担当のかめおかゆみこです。

ラジオ.JPG
HitsFM76.5MHz

昨日は、夢実子さんが師事している、今野華都子さんのラジオ
『今日もくもりのち晴れ』に、夢実子さんが出演させていただき
ました。
今日から、ネット上で視聴できますよ。こちらをクリック

夢実子さん、熱をこめて語っていますが、熱が入りすぎて、
(網走での取材に協力してくれた)「市議」というところ、「県議」
と言っちゃってます。

ちなみに北海道は「道議」で、「県議」はいません。あしからず。


さて。昨日も、冊子をご購入いただいたかたから、こんなメッ
セージをいただきました。(感謝!)

「第3巻読ませていただきました! 
めげない心で政界まで飛び込んで、そこでも媚びず怯まず。
イセさんの底知れぬ強さに刺激を頂いております! 
政界でどんな影響力を世に与えるのでしょう? 
第4巻も非常に楽しみにしております!」
(R・Aさん)

「零(zero)に立つ」本文にも書いたことですが、1946年に
女性参政権ができて、初の選挙。30人の市議会議員のうち、
当選した女性は、イセさんただひとりでした。

日本では昔から、女性は男性の陰にかくれてささえることが、
美徳とされる文化があったように思います。そのためか、議
会の女性進出は諸外国と比べても、相当に遅れています。

これは、先月!のデータですが、
国会の女性議員比率 国際比較統計・推移

これによると、調査191か国のうち、ミクロネシア連邦とバヌ
アツとカタールが、0%で最下位。

逆に、上位は、1位・ルワンダ55.7%、2位・ボリビア51.8%、
3位・キューバ48.9%となっています。

そんななかで、日本は、142位の13.1%です。ちなみにお隣
の韓国が17%(119位)、北朝鮮が16.5%(125位)です。

引用が長くなっちゃいましたが、書きたかったのは、イセさん
の時代には、女性の政治参加というものは、いまよりもっとき
びしいものだったろうということです。

そんななかで、イセさんが活躍したようすが、第3巻〜第4巻
にかけて書かれているわけです。

…あら、みどころみたいになっちゃった。(笑)

冊子「零(zero)に立つ」  お申し込み/こちら
各巻1200円/送料は、冊数にかかわらず200円/10冊以上で送料無料
★-------------------------------------------★
第1巻 イセさん誕生〜17歳で北海道の遊廓にわたるまで
  あらすじ  みどころ  みどころに想うこと
第2巻 遊廓での「活躍」・卓治との出会い・樺太での生活
  あらすじ  みどころ  みどころに想うこと
第3巻 2億8千万の借金と岬の日々・身を捨てて・終戦
  あらすじ  みどころ  みどころに想うこと
第4巻 (4月末発行予定)最終巻となります。
  あらすじ  みどころ  みどころに想うこと
※冊子「零(zero)に立つ」は、現在、第1巻〜第3巻を刊行中。
★-------------------------------------------★
※補足 各巻のみどころに想うこと
お問い合わせ/info@kamewaza.com


3冊.JPG
冊子「零(zero)に立つ」ご購入者全員に、動画プレゼント!
※ご家族やお友だちからプレゼントされたかたも対象となります。


2017年4月22日(土)夜、都内にて、
「掌編・中川イセの物語」+夢実子トークあります!
 詳細は、こちら

1302.JPG

夢実子の語り劇を上演してみませんか?


ブログ連載「零(zero)に立つ」のあらすじと、バックナンバーは、こちら

ブログ連載「零(zero)に立つ」にいただいた感想
01★あきらめていた夢に挑戦しました!
02★この突き抜けた底力!
03★亡父を見直すことができました
04★愛に根差して行動する勇気
05★心の重荷がようやく取り除かれました。
06★自分自身を精一杯生きること
07★負けない、負けない、負けない。
08★自ら決めて行動しなさい
09★生きざまを見守って下さい。
10★覚悟を決めて、捨て身になる
11★「どうせ」の破壊力に対する「希望」の力


ご質問をいただきました。
「岬を駈ける女」ほか、イセさんをあつかった、これまでの本と、
「零(zero)に立つ」との関係について



※網走以外の、北海道の写真も掲載していきます。
taisetsusan.jpg
「大雪山」 
写真提供/北海道無料写真素材集 DO PHOTOさん
posted by 夢実子「語り劇」プロジェクト at 08:47| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: