2017年03月28日

つながりあって、ひとつです★「零(zero)に立つ」第4巻を振り返って想うこと

天童で産まれ網走で活躍した、中川イセさんの半生を描いた
『零(zero)に立つ〜激動の一世紀を生きた中川イセの物語〜』
語り劇演者・夢実子


脚本担当のかめおかゆみこです。

4日間にわたって、「みどころ」から感じたことを書いてきました。

第1巻 あらすじ みどころ メルマガ記事
第2巻 あらすじ みどころ メルマガ記事
第3巻 あらすじ みどころ メルマガ記事
第4巻 あらすじ みどころ 

そして、今日のメルマガ記事です。
転載しますね。(改行は変えてあります)


今日のフォーカスチェンジ♪ 第4896号

つながりあって、ひとつです

何もかもが便利になってしまった現代社会で、

私たちは、「からだを使う」ことを
忘れてしまっているように想います。

アタマだけで、何もかも解決するように、
思いこんでしまっているように想います。

けれども、アタマはからだの一部であり、
からだのすべてをカバーすることはできません。

そして、からだを使わずにいると、
アタマのはたらきもおとろえてしまうのです。

「零(zero)に立つ」の主人公・中川イセさんは、
柔道・合気道・空手・棒術の有段者でした。

これらの動きに共通しているのは、
「つながりで動く」ということのように想います。

仮に、手を動かすとしても、
そのとき動くのは、実は手だけではないのです。

手、腕、肩が連動しています。

肩が連動しているということは、肩につながる
背中、胸も動いています。

背中・胸…、つまり上半身が動くということは、
下半身にもその動きは伝わっています。

そんなふうに、本来、動きというのは
すべてひとつながりのものなのです。

そのことを忘れた動きは、
部分、部分におおきな負担をかけます。

肩とか、腰などを酷使して、
いためやすくしてしまうのですね。

現代人のからだの不調の理由のひとつは、
そんなところからもきているように想います。

そして、ちいさなところで起きることは、
よりおおきなところで起きることのひながたです。

社会もまた、本来は、からだと同じく、
つながりでできています。

ひとつが動くと、かたちとしては見えなくても、
ほかのものに影響をおよぼします。

だから、社会も、部分ではなく、つねに全体が
つながりあって動いていくものなのです。

目の前のことだけにとらわれると、
全体が見えなくなりますが、

一人ひとりの存在は、見えないけれども、
いつでも、全体とつながっているのです。

つながって、影響をおよぼしあっているのです。

そのことを忘れると、社会全体に、ひずみが起きます。
それが、現代のような気がしてなりません。

今日はちょっと、
話が広がりすぎてしまったかもしれませんが、
よかったら、想いをはせてみてください。

アタマだけではなく、からだまるごとの自分であること。

部分ではなく、全体で動くこと。

自分という存在は、いつでも、社会とつながっていること。

地球ともつながっていること。

そして、地球とつながっているということは、きっと、
宇宙ともつながっていること。

あなたも、私も、イセさんも、つながりあって、ひとつです。

イセさんのパワーは、きっと、あなたともつながっています♪


冊子「零(zero)に立つ」ご購入者全員に、動画プレゼント!
※ご家族やお友だちからプレゼントされたかたも対象となります。
3冊.JPG

冊子「零(zero)に立つ」の各巻のあらすじをご紹介。巻数をクリック!
              
第1巻 イセさん誕生〜17歳で北海道の遊廓にわたるまで
第2巻 遊廓での「活躍」・卓治との出会い・樺太での生活
第3巻 2億8千万の借金と岬の日々・身を捨てて・終戦
第4巻 (4月末発行予定)最終巻となります。
              
各巻1200円/送料・冊数にかかわらず200円/10冊以上で送料無料
冊子のお申し込み/こちら
お問い合わせ/info@kamewaza.com



ブログ連載「零(zero)に立つ」のあらすじと、バックナンバーは、こちら

ブログ連載「零(zero)に立つ」にいただいた感想
01★あきらめていた夢に挑戦しました!
02★この突き抜けた底力!
03★亡父を見直すことができました
04★愛に根差して行動する勇気
05★心の重荷がようやく取り除かれました。
06★自分自身を精一杯生きること
07★負けない、負けない、負けない。
08★自ら決めて行動しなさい
09★生きざまを見守って下さい。
10★覚悟を決めて、捨て身になる
11★「どうせ」の破壊力に対する「希望」の力


ご質問をいただきました。
「岬を駈ける女」ほか、イセさんをあつかった、これまでの本と、
「零(zero)に立つ」との関係について



夢実子の語り劇を上演してみませんか?


※網走以外の、北海道の写真も掲載していきます。
oobako.jpg
「大函」 
写真提供/北海道無料写真素材集 DO PHOTOさん
posted by 夢実子「語り劇」プロジェクト at 07:30| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。