2017年02月09日

JAトップセミナーにて語り劇、好評!

天童で産まれ網走で活躍した、中川イセさんの半生を描いた
『零(zero)に立つ〜激動の一世紀を生きた中川イセの物語〜』

※物語版「零(zero)に立つ」のあらすじと、バックナンバーは、こちら


脚本担当のかめおかゆみこです。

2月9日(木)平成28年度JAトップセミナーにて、
語り劇「掌編 中川イセの物語』


関係者様のみの会でしたので、あまり大々的にはお知らせし
ませんでしたが、おかげさまで盛況のうちに終わりました!

いつもの強力サポートスタッフのアキラさんが、映像と音響
を担当してくださいましたので、写真もばっちり!

1_n.jpg

2_n.jpg

3_n.jpg

この「掌編・中川イセの物語」は、イセさんの、男まさりとい
うか、正義感が発揮されるところに焦点をあてて、まとめた
作品です。

本編「零(zero)に立つ」では、生涯全体をあつかうため、ど
うしても割愛しなければならないエピソードもたくさんあって、

「もったいないよねえ」と話していたところ、昨年1月、東京
での「ひとり芝居フェスティバル」に、夢実子さんが出演する
ことになり、それにあわせてつくられた作品でした。

上演時間は30分なので、単独で上演というよりは、トークな
どとあわせて公演になることが多いですが、

おかげさまで、好評で、上演回数はすでに「零(zero)に立つ」を
うわまわっています。(うれしいような残念なような…)(笑)

スカッとして元気の出る、イセさんのお話、ぜひ、機会があった
ら聴いてください。また、企画して呼んでくださいね〜


3月5日夢実子さんと語ろう!報告&親睦飲み会
※第一次お申し込み〆切 2月26日


2月の公演・講演・ワークショップ等の情報が、
夢実子さんのオフィシャルブログにアップされています。
(※クローズドのものもふくまれます)
こちらから、ごらんください。


冊子「零(zero)に立つ」第2巻・第3巻、予約受付中
              
第1巻 イセさん誕生〜17歳で北海道の遊廓にわたるまで(既刊)
第2巻 遊廓での「活躍」・卓治との出会い・樺太での生活
第3巻 2億8千万の借金と岬の日々・身を捨てて・終戦

※第4巻(3月発行予定)が最終巻となります。
詳細/こちら
お申し込み/こちら
お問い合わせ/info@kamewaza.com
              

いただいた感想
01★あきらめていた夢に挑戦しました!
02★この突き抜けた底力!
03★亡父を見直すことができました
04★愛に根差して行動する勇気
05★心の重荷がようやく取り除かれました。
06★自分自身を精一杯生きること
07★負けない、負けない、負けない。
08★自ら決めて行動しなさい
09★生きざまを見守って下さい。
10★覚悟を決めて、捨て身になる
11★「どうせ」の破壊力に対する「希望」の力

夢実子の語り劇を上演してみませんか?



※網走以外の、北海道の写真も掲載していきます。
icecandlepark.jpg
「下川アイスキャンドルパーク」 
写真提供/北海道無料写真素材集 DO PHOTOさん
posted by 夢実子「語り劇」プロジェクト at 23:59| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: