2017年02月01日

感想01★「掌編・中川イセの物語」

天童で産まれ網走で活躍した、中川イセさんの半生を描いた
『零(zero)に立つ〜激動の一世紀を生きた中川イセの物語〜』

※物語版「零(zero)に立つ」のあらすじと、バックナンバーは、こちら


脚本担当のかめおかゆみこです。

それでは、2回にわけて、ご観劇いただいたみなさんの感想
を、ご紹介していきますね

なお、文中、「今田さん」とあるのは、夢実子さんのこと
です。(本名=今田由美子なので)


30分があっと言う間でした。劇場でしっかり観たいです。
楽しみにしています!
自分にできる形でお手伝いしていきますね。(C・Yさん)


中川イセさんという人物を初めて知りました。
小説を読んで感じましたが、とても激動の人生だったのだ
と思いました。
ドラマの一部を見ているかのようでした。
今日の劇を聴いて、イセさんという人物が本当に心も身体
も強く、パワフルな人なのだと感じました。
私は今日来ている中できっと、一番若いと思いますが、心
打たれるものがありました。
これからの将来に、少し不安がありましたが、そのような
ものを考えるすきがないくらい、がんばろうと思えました。
とてもよい劇でした。
とてもよい時間をありがとうございました。
私のような若い世代にも見てほしい題材だと思います。
イセさんという人物を全然知らなかったのですが、とても
魅力的な人物なので、多くのひとに新手ほしいと感じまし
た。少しでも力になれたらと思います。
スタッフ、できそうなことがあれば協力します!
「これ、やります」ということがあれば、名乗り出ます。

                     (A・Yさん)
※お母さんとお二人で、ご参加いただきました


あまりに近くでの演技で、夢実子さんのエネルギーの中
にすっぽり入り込んでいる感じでした。
ありがとうございました!(松原明美さん)


今田さんのひとり芝居、初めて観ましたが、今田さんの、
イセさんに対する熱いエネルギーを、生で感じることが
できてよかったです。
私のできる限り、参加させていただきたいと思いますの
で、がんばってください!!(J・Oさん)


イセさんがまるでそこにいるように感じた瞬間がありま
した。
劇場版「零(zero)に立つ」は、またさらに迫力がある
と聴き、ぜひこの目で観たいです。(F・Iさん)


今田さんの語り劇は迫力がありました。
立ち姿もりりしくて…。
文字で読むのと語りは、また別の魅力があります。
今田さんの人生を変えた、イセさんのパワーを知れて、
うれしいです。 (鈴木恵子さん)


夢実子さんの声や語りに圧倒されました。
イセさんのことも、以前よりずっと身近に感じました。
とっても素晴らしかったです。
懇親会で、かめおかさんが語ってくださった、「それ
ぞれが元気になるように、この公演をやっていこう」
という言葉をモットーに、この語り劇をたくさんの人
に観てもらいたいと感じています。
一緒にすべての過程を楽しみましょう!
できる範囲で、できることはがっつりやっていきたい
と想っています。
         (K・Sさん)


普通の会議室で、目の前で演じられた語り劇「掌編・
中川イセの物語」。

無事にみなさんのこころに、お届けすることができた
ようでうれしいです。


※ちょっと編集作業が遅れています。1週間ほどずれこみそうです。
冊子「零(zero)に立つ」第2巻・第3巻、予約受付中
              
第1巻 イセさん誕生〜17歳で北海道の遊廓にわたるまで(既刊)
第2巻 遊廓での「活躍」・卓治との出会い・樺太での生活
第3巻 2億8千万の借金と岬の日々・身を捨てて・終戦

※第4巻(3月発行予定)が最終巻となります。
詳細/こちら
お申し込み/こちら
お問い合わせ/info@kamewaza.com
              

いただいた感想
01★あきらめていた夢に挑戦しました!
02★この突き抜けた底力!
03★亡父を見直すことができました
04★愛に根差して行動する勇気
05★心の重荷がようやく取り除かれました。
06★自分自身を精一杯生きること
07★負けない、負けない、負けない。
08★自ら決めて行動しなさい
09★生きざまを見守って下さい。
10★覚悟を決めて、捨て身になる
11★「どうせ」の破壊力に対する「希望」の力

夢実子の語り劇を上演してみませんか?



※網走以外の、北海道の写真も掲載していきます。
sarobetsugenya3.jpg
「サロベツ原野」 
写真提供/北海道無料写真素材集 DO PHOTOさん
posted by 夢実子「語り劇」プロジェクト at 23:59| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: