2017年01月27日

エネルギーチャージできちゃうお芝居

天童で産まれ網走で活躍した、中川イセさんの半生を描いた
『零(zero)に立つ〜激動の一世紀を生きた中川イセの物語〜』

※物語版「零(zero)に立つ」のあらすじと、バックナンバーは、こちら


脚本担当のかめおかゆみこです。

いよいよあと3日!
1月30日(月)夜、語り劇「掌編・中川イセの物語」の上演です。

この作品は、語り劇「零(zero)に立つ」を発表したあと、この本編
にもりこみきれなかったエピソードを、ピックアップした小品です。

本編の「零(zero)に立つ」とちがい、フリースタイルでどこでも
上演できるので、あっというまに上演回数がふえています。

また、この作品を見ることで、本編の「零(zero)に立つ」に、興味
をもっていただけたら、うれしいなあと思っています。

きたる1月30日(月)、東京都内で上演します

            
語り劇「掌編・中川イセの物語」
日時/2017年1月30日(月)19時〜21時
会場/新宿区内施設(新宿駅から約10分)
参加費/2000円(当日集めます)
詳細/こちら
お申し込み/こちら
お問い合わせ/info@kamewaza.com
            


上演後に、交流会とスタッフ・ミーティングもおこないますので、
ぜひ、残って、お話も聴いていただけるとうれしいです。

スタッフについては、昨日のブログに書きました。かなーりバリ
エーションがあります。(笑)

まだ、かかわるとは決めていないけど、劇だけ、ちょっ
と見てみたい
」というかたも、歓迎ですよ〜。

一緒に、イセさんのこと、語り合いましょ


きびしい社会情勢のなかで、いま、前に進む勇気をくじかれ
ているひとがたくさんいます。自信をなくしてしまっているひと
も、おおぜいいます。

そんなひとたちが、イセさんと「出会う」ことによって、勇気や
元気をとりもどしてほしい。

実際、これまで観劇していただいた感想のなかで一番多いのが、

「自分もまだまだやれる!と思った」なんです。

お芝居を見るだけ、イセさんというひとに「ふれる」だけで、
エネルギーチャージできちゃうのですね。

そんな時間を、あなたとともに共有したいです
お待ちしています


こちらも、ぜひぜひ、応援してくださあい
                      
冊子「零(zero)に立つ」第2巻・第3巻、予約受付中
              
第1巻 イセさん誕生〜17歳で北海道の遊廓にわたるまで(既刊)
第2巻 遊廓での「活躍」・卓治との出会い・樺太での生活
第3巻 2億8千万の借金と岬の日々・身を捨てて・終戦

※第4巻(3月発行予定)が最終巻となります。
詳細/こちら
お申し込み/こちら
お問い合わせ/info@kamewaza.com
              

いただいた感想
01★あきらめていた夢に挑戦しました!
02★この突き抜けた底力!
03★亡父を見直すことができました
04★愛に根差して行動する勇気
05★心の重荷がようやく取り除かれました。
06★自分自身を精一杯生きること
07★負けない、負けない、負けない。
08★自ら決めて行動しなさい
09★生きざまを見守って下さい。
10★覚悟を決めて、捨て身になる

物語版「零(zero)に立つ」感想追加募集!
〆切/2017年1月30日23時59分
条件/物語版「零(zero)に立つ」の感想を、400字以上
詳細/こちら
お申し込み/ こちら

問い合わせ/info@kamewaza.com

夢実子の語り劇を上演してみませんか?



※網走以外の、北海道の写真も掲載していきます。
sarobetsugenya.jpg
「サロベツ原野」 
写真提供/北海道無料写真素材集 DO PHOTOさん
posted by 夢実子「語り劇」プロジェクト at 23:59| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: