2016年09月12日

物語版「零(zero)に立つ」第11章 樺太にて(9)/通巻80話

天童で産まれ網走で活躍した、中川イセさんの半生を描いた
語り劇『零(zero)に立つ
〜激動の一世紀を生きた中川イセの物語〜』


夢実子の語り劇を上演してみませんか?

------------------------------------------------------------
2017首都圏公演を実現させるぞ!チームミーティング
日時/2016年9月21日(水)19時30分〜21時
会場/東京都品川区西五反田2-9-7 テルミ五反田アンメゾン413
詳細/こちら!     お気軽にお立ち寄りくださいね〜♪
------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------
札幌★夢実子×ゆみこ 語り劇&ワークショップ

日時/2016年11月26日(土)10時〜16時45分
会場/ちえりあ演劇スタジオ1(地下鉄東西線宮の沢駅約5分)
詳細/こちら
------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------
「零(zero)に立つ」第1巻 
1200円+送料200円=1400円 ※2冊以上でも、送料は据え置き200円
※イセさんの誕生〜北海道に渡るまでを、まとめて一気に読めます。
詳細は、こちら! お申し込みは、こちら

----------------------------------------------------------------



脚本担当・かめおかゆみこです。

山谷一郎著『岬を駈ける女』を主要資料としながら、かめおかの視点で、イセさんの
物語をつむいでいます。物語ですので、すべてが事実ではなく、想像やフィクション
がまじる部分もあります。けれども、イセさんの生きかたの根本ははずさないで書い
ていくつもりです。ご感想をいただければ励みになります。よろしくお願いします。


第1章     第2章      10 11 12 13 14 
第3章 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
第4章 26 27 28 29 30 31 第5章 32 33 34 35 36 
37 第6章 38 39 40 41 42 43 44 第7章 45 46 47 
48 49 第8章 51 52 53 54 55 56 57 58 59
第9章 60 61 62 63 64 65 66 第10章 67 68 69 
70 71 第11章 72 73 74 75 76 77 78 79
※これまでのあらすじは、こちら


宗治の悲壮な表情に、イセはただならぬものを感じて、立ち
上がった。

卓治は、昼前、川沿いの作業場でけんかがあったと、仲裁を
たのまれて出かけていった。

それが、昼を過ぎてももどらないので、気になっていたのだ。

「父ちゃんは、どこ?!」

「しょ、消防番屋…!」

消防番屋なら、100メートルほどの上流沿いだ。

イセは、片づけものを放り出すと、外に飛び出した。宗治も、
泣きながらあとを追う。

消防団とは、もともと、「消防組」「火消組」「水火防組」など、
江戸時代からの組織を、1894年(明治27年)に、「消防
組規則」の制定により、全国統一をはかったものだ。

実際には、ほとんどが、民間人によって構成されていた。

まして、開拓に想いをはせて、樺太にやってくる男たちのな
かには、荒っぽいものが少なくなかった。

消防団もまた、そんな男たちで構成されていたのである。

イセが消防番屋に近づくと、十人近い男たちが、集団で何か
をかついで、川に向かっているのが目に入った。

ぐるぐるまきのすまきにされて、顔は見えなかったが、その
ようすから、それが卓治であることは、容易に察しがついた。

「待ってくれ! 止まってくれ!」

イセは、声のかぎりに叫んだ。

「それは、わたすの夫だ! あんたら、よってたかって、夫を
殺す気かっ!」

あとを追う宗治も、泣きながら叫んでいる。

「父ちゃーん! 父ちゃーん!!」

だが、興奮した男たちの耳には入らないのか、男たちはいっ
こうに止まる気配を見せない。

川に放り込まれてしまっては、いかにイセといえど、助ける
ことは不可能だ。

イセは必死になって走り、ようやく男たちの列に追いつくと、
最後のひとりに飛びかかった。

男の背中にむしゃぶりつくと、そのまま、男を引きたおす。

どすん!と、音を立てて、男はしりもちをついた。

男は、振り向きざま、自分を引き倒したのが女であることを
知ると、血相を変えてどなった。

「このあまっ、何しやがるんでえ!」

そのまま立ち上がると、イセにおそいかかった。

だが、イセはひるまず、すかさず男の腕をとらえると、得意
の一本背負いをかけた。

男のからだは、みごとに弧を描き、はでな音を立てて、地面
にころがった。

その音に、ほかの男たちも、ようやく気がつき、振り返る。

イセは、男たちに向かって、たんかを切った。

「あんたら! ひとりの男に、よってたかって、はずかし
くないかね! その男は私の夫だよ。夫を殺すなら、私を
たおしてからにしなさい。私は柔道3段の中川イセだ!」

「なんだと?!」

男たちは、殺気立った。一触即発の緊張感がみなぎった。

そのときだ。


ぜひ、感想をお聴かせください
物語版「零(zero)に立つ」の感想を、ぜひお寄せください。
ブログのコメント欄にお書きいただくか、
こちらまで、メールでお寄せいただければ幸いです。

その際、掲載してよいお名前を教えてください。(匿名・イニシャル可)
また、ブログ等をおもちのかたは、URLも、よかったらお知らせください。
あわせて、ご紹介させていただきます。


網走市観光協会さまのサイトより、ご承諾を得て
網走の写真をお借りしています。ありがとうございます。
0912156.jpg
「呼人浦キャンプ場情報案内板」 
一般社団法人網走市観光協会さまご提供


posted by 夢実子「語り劇」プロジェクト at 05:46| Comment(0) | 物語版「零(zero)に立つ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。