2016年08月12日

物語版「零(zero)に立つ」第8章「お職」になる!(9)/通巻59話

天童で産まれ網走で活躍した、中川イセさんの半生を描いた
語り劇『零(zero)に立つ
〜激動の一世紀を生きた中川イセの物語〜』


本日、公演15日前!

イセさんの「あきらめない精神」を伝えたい!
動画、予告編は、こちら

日時/2016年8月27日(土)18:00開演
会場/シベールアリーナ(客席数456)
観劇料/3000円(当日3500円)
チケット購入先
 オフィス夢実子(事務局・菅野)080-6020-8837
         メール・zeronitatsu@yumiko333.com
 シベールアリーナ 023-689-1166
 八文字屋POOL(山形市) 023-622-2150
 TENDO八文字屋(天童市)023-658-8811、
 「零(zero)に立つ」公演サポーターズメンバー、他
    


小冊子「零(zero)に立つ」第1巻お申し込み受付中!
※特典ゲットは、8月25日まで!


脚本担当・かめおかゆみこです。

山谷一郎著『岬に駈ける女』を主要資料としながら、かめおかの視点で、イセさんの
物語をつむいでいます。物語ですので、すべてが事実ではなく、想像やフィクション
がまじる部分もあります。けれども、イセさんの生きかたの根本ははずさないで書い
ていくつもりです。ご感想をいただければ励みになります。よろしくお願いします。


第1章     第2章      10 11 12 13 14 
第3章 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
第4章 26 27 28 29 30 31 第5章 32 33 34 35 36 
37 第6章 38 39 40 41 42 43 44 第7章 45 46 47 
48 49 50 第8章 51 52 53 54 55 56 57 58
※これまでのあらすじは、こちら


ちなみに、金松楼は、網走一の遊廓であるから、金松楼一の売
り上げということは、網走の遊廓一の売り上げということになる。

「おめでとう。あんたのがんばりの成果だわ」

あの最初の日、イセの生い立ちに涙してくれた花絵が、イセを
見ると、呼び止めて言った。

イセは、自分がトップになることが、花絵をお職の座から追い
落としてしまうことに、あらためて気づいて、どきまぎした。

花絵は、イセの気持ちを察したかのように、ちいさく笑った。

「実はね、私も、今度、身請けされることが決まったの」

「ほんとですか?! おめでとうございます!」

身請けとは、お客が、娼妓の借金の残りをはらい、かつ、相
当な支度金をはらって、娼妓を自分のものにすることである。

ある意味、これもまた人身売買といえるのだが、娼妓にとっ
ては、遊廓から解放されるチャンスである。

仮にいやな男だとしても、不特定多数の男を相手にすること
からは解放され、病気のリスクも下がる。

しかし、店がかなりの額を客に吹っかけるため、よほどの金
持ちでなければ、身請けはできるものではない。

花絵の場合も、相手は成り金の男で、しかも、待遇は「2号」、
つまり、いまでいう「愛人」なのだった。

「それでもいいの。とにかくここを出られるんだから。あん
たもからだを大事にして、一刻も早く出ることよ。幸運を祈
ってるわ」

まだ20歳にもかかわらず、苦労を重ねてきた花絵は、こん
なときでも、イセの身を案じてくれる。

きっと、客も、その花絵の心配りに、ひかれたのだろう。

イセはうなずき、心の中で、花絵の幸せを祈らずにはいられ
なかった。

花絵が去った、お職の部屋に、イセは、引っ越した。

楼主が、「お職になったのだから」と、豪華な着物を新調
してくれたが、その代金も、イセの借金に上乗せされるも
のだった。

(お職になったからといって、うかうかよろこんではいら
れない。何としても、ここから出るんだ!)

想いをあらたにするイセだった。

網走の冬は早い。

イセが18歳になった8月の終わりには、もう秋風が吹き
始め、9月になったら霜がおりていた。

10月に初雪が降ったと想ったら、12月にはもう本格的
に雪がつもり、あたりは一面まっ白な景色に変わった。

自転車には乗れなくなっていたが、柔道のほうは、頼みこ
んで、週一、二度、通わせてもらっていた。

そして、この柔道場で、イセは運命の出会いをするのであ
るが、それはまた少し先の話になる。


ぜひ、感想をお聴かせください
物語版「零(zero)に立つ」の感想を、ぜひお寄せください。
日曜日のブログにて、紹介させていただきます。
ブログのコメント欄にお書きいただくか、
こちらまで、メールでお寄せいただければ幸いです。

その際、掲載してよいお名前を教えてください。(匿名・イニシャル可)
また、ブログ等をおもちのかたは、URLも、よかったらお知らせください。
あわせて、ご紹介させていただきます。


網走市観光協会さまのサイトより、ご承諾を得て
網走の写真をお借りしています。ありがとうございます。
0812093.jpg
「濤沸湖放牧」 
一般社団法人網走市観光協会さまご提供
posted by 夢実子「語り劇」プロジェクト at 04:22| Comment(0) | 物語版「零(zero)に立つ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。